よくある洋服の悩み

よくある洋服の悩み

ファッション雑誌を見ると、モデルさんが着ているお洒落な洋服が欲しくなります。しかし、体のサイズは一人一人違うのにも関わらず、お店で売っている洋服のサイズは基本的にS・M・Lの三つしかありません。そのため、欲しいと思った洋服でもちょうど良いサイズが無く買うのを諦めた事がある方も多いと思います。サイズの他にも、洋服に関する悩みはたくさんあります。ここでは、よくある洋服の悩みを紹介します。

袖や裾の長さが合わない

シャツの肩幅はちょうど良いのに袖が少し長い、ウエストに合わせてズボンを選ぶと裾が余ってしまうというのは洋服を買う時によくある悩みです。袖や裾が長いと「自分の手足がもう少し長ければ良かったのに」と少しショックを受けます。ジーパンやチノパンなどのズボンの場合、裾直しをして長さを調節することができますが、シャツの袖直しや肩幅つめなどは簡単には出来ないので、袖が長くても我慢して着るか、買うのを諦める方がほとんどだと思います。


洗濯に失敗

色物の洋服から白い洋服へ色移りしたり、洗濯でニットが縮んだり、洗濯の方法を間違えたという悩みもよくあります。洋服は素材によって洗い方が異なるので、正しい洗濯方法で洗わないと二度と着られなくなってしまいます。市販の洋服には、必ず洗濯表示マークを記載したタグが付いているので、一つ一つ洗濯表示マークを確認してから洗うようにしましょう。


糸のほつれ

洗濯や何かに洋服が引っかかると、洋服の糸がほつれてしまいます。どんなにお洒落な洋服でも、ほつれた糸が飛び出していると周りの人に笑われてしまいます。さらに、ほつれた糸を切るために一気に糸を引っ張ると、糸が伸びて洋服に穴が空いてしまう事があります。洋服を着る前に糸のほつれが無いかしっかりチェックして、ほつれが見つかった時は必ずハサミで糸を切りましょう。

このように、洋服に関する悩みはたくさんありますが、中には解決できる悩みもあります。当店では、ニット製品のほつれ修理や丈つめ、幅詰めなどのサイズ直しを行っているので、サイズの合わないニットや修理が必要なニットをお持ちの方は、当店へお気軽にご相談ください。

design by decoboko.jp & studiocopo