ニットの保管方法

皆様はニット類の服や小物の正しい保管方法をご存知ですか?ニットを適当に保管していると、虫食いやカビ、シワができてしまう恐れがあります。ブランドセーターなど高価なものは、長く愛用したいものかと思います。そこでこちらではニットの保管方法についてご紹介いたします。

セーターの修理

1.洗濯・クリーニングする

汚れていると虫食い・カビ・黄ばみの原因になります。保管する前に必ず洗濯するか、クリーニングに出しましょう。


2.晴れの日にしまう

湿気が多いと虫食いやカビ、黄ばみが発生しやすくなります。そのため、シーズンオフのニットをしまうときは湿気の少ない晴れた日にしましょう。クリーニングしたものはポリ袋が付いているかと思いますが、湿気の原因になるので取り外してからしまってください。


3.できるだけたたむ

セーターやカーディガンなどハンガーにかけて収納すると伸びてしまいます。シワ・毛玉防止としてふんわりたたんでしまうようにしましょう。ニットワンピースの場合は服に凹凸があるもの、着用して凹凸のつくものがあるため、ハンガーでかけた方が状態をキレイに保てます。


4.詰め込まない

詰め込みすぎてしまうと通気性が悪く、湿気がこもってしまいます。しまう場合は余裕を持って8分目くらいにしましょう。


5.防虫剤を置く

防虫剤といってもさまざまな種類があります。ナフタリンやしょうのう、ピレスロイド系やパラジクロロベンゼン系、ターピネオールがあり、それぞれ特徴が異なります。防虫剤は下に流れるため、衣類の上に置きましょう。袋に入っているものならそのまま衣類の上に置いても平気ですが、入っていないものは直接衣類に触れないように注意が必要です。

これらの保管方法を実践し、湿気がこもらないように時々クローゼットを開けて、風通しをよくすればニット類も長持ちするかと思います。当店ではニット製品の修理を承っております。セーターやカーディガンなどニット製品に穴やほつれ、サイズのお直しがあれば当店にご依頼ください。

design by decoboko.jp & studiocopo