防虫剤の種類

セーターやマフラーなどのニット製品は、しっかり保管しておかないと虫食いの被害に遭ってしまいます。ニット製品の虫食いを予防するために、様々なメーカーが防虫剤を販売しています。しかし、防虫剤にはいくつか種類があるので、それぞれの特徴を把握して、正しい使い方をしなければ効果を発揮しません。市販されている防虫剤の種類と特徴を紹介します。

防虫剤の種類

ピレスロイド系

無臭タイプの防虫剤は、ほとんどがピレスロイド系の防虫剤です。ピレスロイド系の特徴は、殺虫効果が強く、他の薬剤と併用することができ、様々な素材に使うことができます。無臭なので、ブランドニットなどの高級な洋服でも安心して使えます。ただし、金属製品とは相性が悪いので、金属製のボタンが付いている洋服は避けるようにしてください。


パラジクロロベンゼン

少しニオイがある防虫剤です。防虫剤の中で最も強力な効果を持ち、効き目がとても早いです。ウール・綿・レーヨン・シルクなどの衣類に使用することができます。パラジクロロベンゼンの防虫剤を使用する時に注意してほしいのは、プラスチック製品やアクリル製品などの合成樹脂を避けることと、高温多湿な場所で使用しないことです。50度以上の場所だと成分が溶けるので、衣類にシミが付いてしまいます。


ナフタリン

少しニオイがありますが、パラジクロロベンゼンと比べると、ニオイは強くありません。ゆっくりと効き目を発揮して、長期間使うことができます。毛皮やウール、シルク、人形などの収納に適しています。一年に一度しか使わない雛人形・五月人形の収納や、冬物の衣類の収納におすすめです。


これらが主な防虫剤の種類です。防虫剤によって、適している素材や環境が異なるので、防虫剤を使用する時は、必ず成分を確認してください。また、防虫剤にも使用期限があるので、使い始めた時期を記録しておいて、期限が過ぎたら新しい防虫剤と取り替えてください。

防虫剤を使っても、大切なセーターが虫食いで穴が空いてしまった場合やほつれてしまった場合は、当店にて修理を承ります。ニット製品の修理を専門に行っていますので、ニット製品のサイズ直しや修理などのお直しがあれば、気軽にお問い合わせください。

design by decoboko.jp & studiocopo